日本マイクロソフトは10月20日、「Microsoft Power Platform」(Power Platform)の動向と国内事例を紹介する説明会を開催した。ビジネスアプリケーション事業本部長の野村圭太氏は、「従来の開発手法は十分なリソースやROI(投資利益率)が見込めない領域に最適」とし、事例を紹介した花王 SCM部門 技術開発センター 先端技術グループ マネジャーの竹本滋紀氏は、「最終的な目的はデジタル化ではなく、獲得したデータを設備管理などに活用すること。今後は蓄積したデータの活用方法を推進したい」と述べた。

花王は、2020年に発表した中期経営計画「2030年を見据えたK25基本構想」の一環として、各工場や物流拠点で社員自らが業務の自動化・デジタル化を行う「現場DX(デジタルトランスフォーメーション)」に注力する。ITソリューションの開発・運用や、生産者から消費者までのサプライチェーンを最適化するため、無人運送や人工知能(AI)による画像検査・判断支援に取り組む部署「スマートSCM(サプライチェーンマネジメント)」を新設している。

 2020年後半からロボティックプロセスオートメーション(RPA)を導入していたが、「当社は『Microsoft Azure』や『Microsoft 365』を導入済みで、まずは無償で使えるPower Platformを試みた。私自身も動画を見ながら試してみたが、数十分てスマートフォンのアプリケーションが開発できたことに感動した」と竹本氏。これによりPower Platformの利用に取り組み、全国10拠点の工場や各事業所で263を数えるアプリケーションが稼働(開発中も含む)しているという。

 例えば、和歌山工場では点検記録の電子化、法令届け出のチェック、運転データの閲覧、勤務表、PCの貸し出し、週間パトロール、自動倉庫点検表、濃厚排水の管理、資料報告、コンフィギュレーター(注文仕様生産)使用の状況、指摘事項、原材料管理、間違い防止と、稼働アプリケーションの種類は多岐にわたる。

数人で開発できる規模ではなく、竹本氏は「アプリケーションの仕様検討と開発能力が必要になるため、工場の規模に応じて技術開発センターの数人のエンジニアと共同開発している」と話す。

 和歌山工場のケミカル製造の現場には、約170の紙の帳簿が残っていたが、Power Platformによって現場担当者がスマートフォンから記録・承認を申請し、管理担当者がPCで管理して煩雑な業務内容を改善した。また、一部の工場は、紙で管理していたケミカル製造に用いる原料情報を電子化した。約300品目超の在庫から1日に最大147品目を数えるピックアップを簡略化するため、管理や検索、危険物管理など、多様な目的で利用。同社では年間約480時間の効率化を見込んでいる。
続きは以下~
https://japan.zdnet.com/article/35194919/

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account