経済産業省は2021年3月2日、街の課題解決に資するスタートアップ企業の取り組みを同省のWebサイトなどで紹介する「NEW NORMAL LAB(ニューノーマルラボ)」を開始した。併せて同省は同日、東京都渋谷区やスタートアップ企業、東急の協力を得て、同ラボの第1弾となる「NEW NORMAL LAB渋谷」の発表会と企業によるデモンストレーションを開催した。経産省によるスタートアップ支援の施策としては、これまでも「J-Startup(スタートアップ育成支援プログラム)」や「新技術等実証制度(規制のサンドボックス制度)」などを展開している。しかし、今回のような「渋谷の課題解決」といった特定の地区にターゲットを絞った取り組みは珍しい。渋谷区内の複数の会場で開かれたデモンストレーションでは、短距離移動手段のシェアリング事業を手掛けるLuup(ループ、東京・渋谷)や、施設の混雑情報を配信するバカン(東京・千代田)、遠隔接客サービスのタイムリープ(同)など10数社が出展した。

経産省が渋谷でスタートアップ支援、あえて地域の課題解決に乗り出す理由 | 日経クロステック(xTECH) (nikkei.com)

0 Comments

Leave a reply

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account