Trellix(トレリックス)は、統合後に日本で初開催となる情報セキュリティ カンファレンス「Xpand Digital Japan 2022(エクスパンド・デジタル・ジャパン:以下、Xpand Digital)」を、2022年5月25日(水)・26日(木)の2日間、オンラインで開催する。なお、同カンファレンスはマカフィーが主催していた「MPOWER」の後継にあたるという。

 今回、新たなコンテンツとして、参加型コンテンツ「ライブセッション」の開催が決定。開催両日のブレイクアウトセッション終了後、Day1は セキュリティ運用をゲーム感覚で習得できるコンテスト形式のワークショップを、Day2は、SASEロードマップ策定を実演デモにて見ることができるとしている。

Day1:EDR(Endpoint Detection and Response)を用いてセキュリティ運用をゲーム感覚で体験
 Day1は「Trellix EDR Capture The Flag」と題し、コンテスト形式で開催するという。情報システム部門やセキュリティ担当者を対象に、専門知識やスキルを駆使して答え(Flag)を見つけ出し、時間内に獲得した合計点数を競うコンテスト「CTF (Capture The Flag)」の形式を用いたワークショップ。
 Trellix EDRを調査ツールとして、ゲーム形式で脅威ハンティングを行い、いかに早く攻撃を調査出来るかを競いながら、操作方法を習得できるという。Trellix EDRに対する事前知識がなくても参加可能で、開始前に簡単な画面・操作説明を実施。上位入賞者には、Amazonギフト券が副賞として贈呈される。

Day2:セキュリティコンサルタントがSASEロードマップの策定を実演
 Day2はコンサルティング デモセッションを実施。DX推進チームとセキュリティチーム、視座の異なる2つの視点から、自組織における対応状況(現状)とSASE技術の普及(目標)を確認し、ギャップを埋めるための簡易的なロードマップ策定を体験できるセッション。参加者からのSASE導入に関する疑問点などに関する質問にも、セッション内で回答するという。
 同セッションは、先立って行われるブレイクアウトセッション「SASEフレームワークの理解促進」(Day1 13:40~14:10 担当:中島 毅郎(Trellixプロフェッショナルサービス事業本部 シニアコンサルタント)の視聴後に参加すると効果的だとしている。SASE推進における整理の仕方や検討ポイントなどの理解を深め、今後の具体的なイメージを掴むきっかけになるという。
 なお、Day1の「Trellix EDR Capture The Flag」、Day2のコンサルティング デモセッションともに参加を希望する場合は、参加登録の上、xpand-ctf@event-web.net まで「参加希望」を知らせる必要がある。
 その他、同カンファレンスには、Trellix 最高経営責任者のブライアン・パルマ氏をはじめ、デジタル庁 戦略・組織グループ セキュリティ危機管理チーム セキュリティアーキテクト 満塩尚史氏、三菱電機 情報セキュリティ統括室 セキュリティ技術部 部長 花岡圭心氏や多摩大学 ルール形成戦略研究所 客員教授 西尾素己氏など、第一線で活躍する登壇者が講演を行うという。

Xpand Digital Japan2022(エクスパンド・デジタル・ジャパン2022)
会期:2022年5月25日(水)・26日(木)
形式:オンラインカンファレンス
参加費:無料 ※事前登録制(登録・視聴期間:~6月30日)
主催:Trellix(Musarubra Japan)
対象:企業、官公庁の情報システム部門・セキュリティ管理者、リスク・コンプライアンス部門、セキュリティ製品の販売店・システム インテグレータの担当者
詳細・申し込みはコチラから
https://enterprisezine.jp/news/detail/15999

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account