小嶋が思うにはDX人材の採用に一番重要なのは実績、採用側の企業が第三者の目(ライバル企業、採用者の現在籍企業人事や役人目線で)で俯瞰して、事業開発実績に注視して採用すれば良いと考えますが!以下の観点、課題7つは俯瞰出来ず、将来採用者を評価しなければ成らない口実作り(笑)本物のDX人材評価は背後人材も加味して、その人の業界評価、交友関係、趣味、役人に好かれる、外注との信頼、ひとこまし度も重要で実績重視が大切ですね。転職したDX人材のほとんどは初回面接で次回は役員面接でほぼほぼ内定と成ってますね!安来裕爾氏が解説する課題7つは最下部URL~課題1:採用ターゲットの設定が適切でない課題2:業務内容の魅力が伝わらない課題3:働く環境課題4:報酬制度課題5:長い選考期間課題6:曖昧な選考基準課題7:丁寧な面接対応ができていない

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00577/040800022/?P=3

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account