東京海上日動火災保険は23日、資産運用業務におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の取り組みとして、フランスのフィンテック(ITを活用した金融サービス)新興企業セサム(SESAMm)と協業すると発表した。データや人工知能(AI)を活用しながら資産運用部門における運用業務の効率化・高度化を進めていくため、2021 年 4 月 に部門内に高度専門チーム(Center of Excellence)を組織し、検討を本格化させてきました。 投資判断を高度化するうえでは、経済指標や金利・株価等の金融市場に関する定量データだ けではなく、ニュースやソーシャルメディア等の定性データを複合的に分析することが必要となりま す。このような中、当社は、金融分野における自然言語処理の高い専門性と、定量・定性データの データベースを有するフィンテックスタートアップのセサム社と協業し、データや AI を活用しながら 資産運用を高度化していく取り組みを進めることと致しました。 2. プロジェクトの狙い 当社は、セサム社と協業することで、①独自の運用モデル開発②データサイエンティスト人材の 育成③データ収集・分析に関する知見の獲得につなげ、運用収益を向上させていきます。

https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/210623_01.pdf

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account