2021年5月、孫正義会長兼社長が率いるソフトバンクグループ株式会社(以下、ソフトバンクG)が2021年3月期の決算を発表し、世間をあっと驚かせました。同社の2021年3月期の当期純利益は、なんと4兆9879億円(税引前利益5兆6704億円)。この利益額は日本企業の中では過去最高です。それまでの最高額はトヨタ自動車が2018年3月期に達成した2兆4939億円でしたから、今回のソフトバンクGは実にその2倍。あまりに大きい数字なのでイメージがつきにくいかもしれませんが、日経平均採用企業225社全体の純利益23.3兆円のうち、実に21%をソフトバンクG一社が稼ぎ出した計算になります(※1)。しかし読者のみなさんもご記憶でしょう。ソフトバンクGと言えば、わずか1年前の2020年3月期には1.3兆円の営業赤字を計上し、当期純損失も1兆円近くと、ボロボロの状態でした。瀕死の状態からの見事なV字回復。いや、V字というより「J字」とでも呼ぶべき、驚異的な超回復と言えるでしょう。続きは本文で以下~

https://www.businessinsider.jp/post-237175

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account