「日本型システム」とは何だったのかを理解しておくことが重要だ。その手がかりは、バブル経済のピークに公表された『平成2年版経済白書』にある。「対面的情報交換と柔軟な組織構造を形作る日本的雇用」や「企業間の安定した緊密な情報共有を可能にする長期継続取引」など、当時成功していた日本経済の「強み」に焦点を当てた分析がなされている。富を生み出す源泉がシフトする中で、これらの「強み」が「弱み」に転化し、DXが求められている。

<以下5項目に分けて解説する>

1.バブル経済のピークに公表された「経済白書」

2.日本経済が成長した

3つの理由3.企業内の「日本的雇用」はどう機能していたのか

4.企業間の「長期継続取引」はどう機能していたのか

5.内部組織・産業組織の枠組みで分析する意義

https://www.sbbit.jp/article/cont1/58130

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account