SPACは上場して一般投資家から資金を集め、それを原資に有望なスタートアップを買収する。被買収企業は早期上場を果たし、成長資金を得られる。SPAC自体は事業を持たず、投資家は買収企業を上場時に知らされないため、「空箱」や「ブランク・チェック・カンパニー(白紙の小切手)」と呼ばれる。日本でもSPAC解禁を検討するのは、スタートアップ育成で大きく出遅れているとの危機感だ。内閣府などによると、国内総生産に対するベンチャーキャピタル投資額(2016、17年)は、米国が0.4%に対し、日本は0.03%。G7ではイタリアに次いで低い。コロナ禍の20年は、米国の投資額が前年比で1割増えたが、日本は3割減った。新経済連盟の三木谷浩史代表理事は、2月に日本取引所グループと開いたイベントで、「大企業の社長経験者がSPACを作れば、様々なベンチャーが持つアイデアとビジネス遂行力が結びつく」と強調した。

https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00993/

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account