NECは、エコシステム型コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「NEC Orchestrating Future Fund」を新設した。2022年6月末をめどに、同ファンドに賛同する事業会社(通信系、銀行など1業種1社を予定)から出資を募り、総額1.5億ドル(約170億円)規模のファンドを目指す。同ファンドは、将来社会のビジョンを実現するネットワークインフラやデジタルサービスの創出するもので、主な投資地域は米国、イスラエル、欧州、アジア。ターゲット領域は、第5世代移動通信システム(5G)・第6世代移動通信システム(6G)、デジタルトランスフォーメーション(DX)、デジタルガバメント/ファイナンス、スマートシティー、ヘルスケア・ライフサイエンス、カーボンニュートラルの6領域。同社は、ネットワークテクノロジーの進化とデジタルサービスの変容が新しい社会価値創出をけん引すると考えており、同ファンドを通じてテクノロジーとサービスの両面に投資し、相乗効果を生むことによって投資価値の最大化を狙う。https://japan.zdnet.com/article/35181132/

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account