米Microsoft(MS)が、世界的チャットサービス「Discord」(米Discord社)を買収する――。そんなニュースに対し、ユーザーから不安の声が上がっている。月間アクティブユーザー数1億4000万人のチャットツールDiscordは2015年、オンラインゲームのプレイ動画解説などに活用できるコミュニケーションツールとして誕生した。特定のテーマのチャンネルを設定して、テキストでチャットができるほか、音声チャットやグループでのビデオ通話も可能だ。また、MSやLINE、Facebook、GoogleなどのグローバルIT企業の傘下になく、アカウント情報が複数のサービスに流用される心配がない独立系ツールである点や、ユーザーからの要望に対するレスポンスの速さ、需要の高い新機能の実装などで高く評価されていた。当初はゲーマー界隈のコミュニケーションツールだったが、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大に伴い、学術関係者の討論会やダンスサークルでの利用、読者会など幅広い趣味のグループで活用されている。同社がデウアウェア州政府に提出した資料によると、2020年には月間アクティブユーザー数は1億4000万人に達したという。
そんなDiscordに関し、Bloombergは23日、記事『マイクロソフトがディスコード買収で交渉、100億ドル強-関係者』で次のように報じた。「米マイクロソフトは、ビデオゲーム・チャットコミュニティーを運営するディスコードの100億ドル(約1兆880億円)余りでの買収を目指し、同社と交渉している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。非公開情報を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、ディスコードは複数の潜在的な買い手と接触しており、マイクロソフトも名乗りを上げているが、差し迫って合意が成立する見通しはないという。ディスコードは身売りよりも株式を公開する可能性の方が高いと関係者の1人は述べた」(原文ママ)MSによる買収案件といえば、スカイプ・テクノロジー社のコミュニケーションツール「Skype」が有名だ。上記のニュースが流れた23日、Twitter上では一時、「Discord」がトレンド入りし、「スカイプの悪夢再び、Microsoftが買うまでは優秀だったSkype Discord買収で今より使い勝手が改悪される未来しか見えない」「我々はSkypeが使いづらくなってDiscordに移ったんだがな」などと不安の声が上がった。MSは「TikTok(ティックトック)」(北京字節跳動科技)の米国事業部門の買収を企図するなど、ネット上のユーザーコミュニティーに対する関心を高めている。過去、MSが独立系ツールやサービスを買収した案件は枚挙にいとまがないが、その結果はどうだったのか。また、今回の買収交渉をどのように見ればいいのか。ITジャーナリストの三上洋氏に見解を聞いた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-23/QQEFE4T0AFB601

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account