ロンドンのアーリーステージを対象とするベンチャーキャピタルPassion Capitalは2021年3月第2週の初め、TechCrunchに対して、欧州のファンドとしては初めて最も新しい3番目のビークルの最終段階でクラウドファンディングする予定だと語った。具体的には富裕層限定だが、自動車に投資したい人のために約50万ドル(約5450万円)を切り出す。創業者のEileen Burbidge(アイリーン・バーブリッジ)氏によると、このファンドは、AngelListのローリングファンドプログラムからクラウドファンディング規制の差し迫った変更まで、米国で見られるさまざまな進展に触発された。Reg CF(レギュレーション・クラウドファンディング)は現地時間3月15日月曜日から、クラウドファンディングを通じて調達できる金額を、12カ月間で107万ドル(約1億1700万円)から500万ドル(5億4500万円)に引き上げる。ほぼ5倍の増加だ。この動きは、特にベンチャーキャピタルを民主化する最近の他のイニシアチブに続いたという点で興味深い。しかし、従来のベンチャーファンドの一部をクラウドファンディングで調達することがより大きなトレンドになるとしても、一夜にして起こるようなことではない。TechCrunchは同週、ファンド組成に関わる弁護士や管理者と話をした。彼らはクラウドファンディングの上限を5倍にするような依頼を受けておらず、登録はほとんどしていないという。関連記事:2つの新しい取り組みがベンチャーファンドに直接投資する人々の範囲を広げる可能性なぜか。あるファンド組成に関わる弁護士は、他の方法が利用できない場合を除き、実行可能な資金調達の方法になるとは思わないと述べた。ポートフォリオ企業に連絡先や専門知識を提供できる投資家がいることが利点になるからだ。例えばCTOをリミテッドパートナーとして数える多くのファンドについて考えて欲しい。VCは、実装しようとしているテクノロジーについて、彼らを仲間に入れることで多くを学ぶことができる。他にも実務上の懸念がある。VCはリミテッドパートナーと個人的に知り合いになりたいと考えている。取引ごとに資本を呼び込み、投資家に確実に資金を提供してもらいたいからだ。クラウドファンディングで調達した部分は「比較的少額の資金で数百人の株式保有者を生む可能性がある」ことを考えると「永続的で多額な管理上の負担」になる可能性もある。そう指摘するのは、世界的な法律事務所Orrickの弁護士であるMike Sullivan(マイク・サリバン)氏だ。VCがクラウドファンディングについてあまり考えないことに関するそれほど明白ではない理由は、ファンドの内部収益率にまつわる複雑性に関係している。ベンチャーキャピタルは、バランスシートに資金を置いておきたくない。必要に応じて資本を注入したい。それまでは投資に関する時計は動き始めないからだ。これにより、後でツイートできるような、最終的なサクセスストーリーへの投資をうまく進めるための時間が増える。クラウドファンディングの新しい上限がまだ同僚の間でレーダーに映っていない理由について尋ねられたあるファンド管理者は、キノコのように湧き出ているSPAC(特別買収目的会社)で忙しいからだと語った。これらのブランクチェック(白紙小切手)ビークルの多くが、かなり若いテクノロジー企業を公開させることは、VCがより「普通の」投資家をこのアセットクラスに迎えるスピードを遅らせる可能性もある。SPACは個人投資家に、他の方法では手の届かない種類のハイリスク・ハイリターンのスタートアップへのアクセスを提供する。それでも、Joe Biden(ジョー・バイデン)政権による土壇場の変更はない。将来も変更は起こりそうにもない。少なくとも、SEC議長としてのGary Gensler(ゲイリー・ゲンスラー)氏の指名にはまだ上院の完全な承認が必要だ。Reg CFはまさに変わろうとしている。どのような波及効果(および機会)が生じる可能性があるのか、注意を払う価値がある。

ファンドに対するクラウドファンディングの上限が3月15日から引き上げ、VCはまだ注意を払っていない | TechCrunch Japan

0 Comments

Leave a reply

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account