ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームは、1枚のSIMで国内3キャリア(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)、海外約182の国と地域で利用できる『MEEQグローバルSIM』の提供を開始した。

これによりIoT/DX利用におけるデータ通信の接続性が向上するとともに、チップ型SIMはカード型SIMに比べて小型で多様な環境への耐性が高いことから、IoT/DX機器の小型化や品質の高いデバイスの製造が可能になるという。

『MEEQグローバルSIM』の特徴について
『MEEQ』は、直感的なコンソール画面を通じて、簡単にIoT向け通信サービスを購入/決済/登録/管理ができるNoCode IoT/DXプラットホーム。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの回線のデータ通信専用SIMの利用が可能で、システムを用意しなくても簡単にIoT回線を追加し、さまざまな事業をサポートすることができる。さらにデータベース『IoTストレージ』やデータを分析してアクションに結び付けるアプリケーションなどIoT事業者やIoTを活用したい企業が簡単に利用できるサービスを拡充している。

『MEEQグローバルSIM』では、低容量に最適な月額0.38USドルから国内外で利用可能な3つのプランを用意。日本で準備したSIMをIoT/DX機器に装着するだけで、国内外を問わずシームレスにデータ通信が可能(2022年6月28日現在、音声通話(VoLTE含む)、SMSは利用できません)となり、スムーズな海外IoTビジネス展開が実現可能。利用する国に関係なく、約182の国・地域で料金が一律となる低容量向けのプランも提供されている。

3つの料金プラン以下~詳細を
https://dime.jp/genre/1420367/

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account