経済産業省は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との連携により、宇宙実証用ハイパースペクトルセンサ(HISUI)で取得した衛星データを衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」に搭載し、10月12日(水)より一般公開を開始しました。
経済産業省が宇宙システム開発利用推進機構(J-spacesystems)とともに開発したハイパースペクトルセンサ(HISUI)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との連携協定のもと、2019年12月に国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームへ設置され、2020年9月より画像の取得を行っています。「きぼう」の船外実験プラットフォームは様々な機器や技術の宇宙実証、及び地球観測の場として活用されておりますが、HISUIもセンサの有用性実証を目的に「きぼう」に設置されました。
国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームに取り付けられているHISUI(矢印)(©NASA)

HISUIは高い波長分解能(185バンド)を有し、従来のセンサより詳細に物質の識別が可能なセンサです。例えば、宇宙空間から識別できる鉱物の種類が増える(10種類→30種類)など、石油資源や鉱床の遠隔探知能力の向上につながることが期待されています。また、HISUIデータは、石油・鉱物資源以外にも、環境分野、農林水産分野、防災分野等の様々な分野への活用が期待されています。

このたび、経済産業省は、HISUIデータを衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」に搭載し、10月12日(水)より一般公開を開始しましたので、関連リンクの「HISUIデータの使い方:Tellusオウンドメディア「宙畑」」を参考にしつつ、国内の企業・団体における衛星データ利用ビジネスや研究にご活用ください。

なお、現在、経済産業省では、国内企業が衛星データ利用ビジネスに参入することを支援する目的で、「衛星データ無料利用事業者の公募」を実施しています。これは、衛星データプラットフォーム「Tellus」に搭載されている衛星データ(無料又は有料)のうち、通常は有料の商用衛星データ及びデータの解析環境を、公募で選定された方々(250件程度)に無料で提供するプログラムです。HISUIデータと併せて、このプログラムも、衛星データ利用ビジネスへの参入にご活用ください。

関連リンク
HISUIの利用方法:Tellusサイト
Tellusのアカウントを作成し、特設サイト外部リンクより必要事項を記入の上、お申し込みください。
https://www.tellusxdp.com/contents/data/hisui/

※データのアクセス権が付与されるまでに、数営業日かかります。
※一部サンプルデータはお申し込み不要で閲覧可能です。詳細は上記特設サイトをご覧ください。

HISUIデータの使い方:Tellusオウンドメディア「宙畑」
ハイパースペクトルセンサとは~仕組み、用途、代表的なセンサ~日本の技術力が集結したHISUIの凄さに迫る!https://sorabatake.jp/28639/外部リンク
Tellusで無料公開!日本のハイパースペクトルセンサHISUIのデータ
https://sorabatake.jp/28641/外部リンク
衛星データプラットフォーム「Tellus」
https://www.tellusxdp.com/ja/外部リンク

経済産業省「衛星データ利用環境整備・ソリューション開発支援事業」における衛星データ無料利用事業者の公募
https://sdu.go.jp/外部リンク

地域での衛星データビジネスを検討してる方必見!経産省が始める衛星データ利用環境整備・ソリューション開発支援事業とは?:Tellusオウンドメディア「宙畑」
https://sorabatake.jp/27985/外部リンク
担当
製造産業局 宇宙産業室長 伊奈
担当者:小原、水上、早馬、尾関
電話:03-3501-1511(内線 3844)
03-3501-0973(直通)
03-3501-7062(FAX)
https://www.tellusxdp.com/contents/data/hisui/

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account