PTSとは、投資家が証券取引所を介さずに有価証券を売買できる電子取引システムのことだ。国内にはSBIジャパンネクスト証券が運営するジャパンネクストPTS(JNX)とチャイエックス・ジャパン運営のチャイエックスPTSがあり、大阪デジタルエクスチェンジの開業により国内PTSは3取引所となる。

業務開始にあたり大阪デジタルエクスチェンジは、上場株式を取り扱うPTSの運営をまず行っていく。そして2023年を目途にセキュリティトークンの取り扱いを目指すという流れだ。

大阪デジタルエクスチェンジは、PTS運営に関わる認可を4月28日付けで取得していたことで、6月6日付で日本証券業協会へ加入したことも併せて発表している。

大阪デジタルエクスチェンジはSBIホールディングスと三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)が昨年4月共同設立した企業。昨年10月には野村ホールディングスおよび大和証券グループ本社が資本参加もしている。なお出資比率はSBI PTSホールディングス70%、SMBC20%、野村5%、大和証券5%となっている。
https://www.neweconomy.jp/posts/232082

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account