記憶に浅い、日本航空の日本国国民の血税を注ぎ込んでの経営破綻からの救済。その日本航空が民間資産(土地、会社資産、株式等、、、)は中国共産党からの1次的な貸し出しに過ぎないとする中国への投資!JAL経営陣は官僚からの”指図”で頭が痛いだろうなと察する。国費投入事業者(NHK,NTT、JAL、JR)の他分野子会社設立禁止等、DX普及で自然淘汰の道に進んで行くと言われる「多角化経営からの脱却」と本当の意味での金融の民主化が必要であるが、その前に日本国は永らく言われてきた「社会主義的民主主義国家」何方付かずの国家運営から脱却するチャンスと、米国のクリーンネットワーク構想への参加表明を捉え、真の民主主義、最新ITデジタル技術を駆使したDX国家へ舵を切っていく源流にと日々切磋琢磨、精進が必要と考える日々。頑張れ日本の技術!で、この報道、JALが春秋航空株5%から51%への拡大「飛ばし記事?」は真の自由、真の民主化を嫌う体制が、半円教師で反抗していると映ります。

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account