凸版印刷株式会社と国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は10月24日、量子コンピューターでも解読が困難な「耐量子計算機暗号(PQC:Post-Quantum Cryptography)」を搭載したICカード「PQC CARD」を世界で初めて開発し、その有用性の検証に成功したと発表した。

 量子コンピューターは、従来型のコンピューターでは答えの導出に膨大な時間を要する問題を、短時間で解ける可能性がある。そのため。既存のオンラインショッピングやキャッシュレス決済、各種電子申請といった情報社会を支える暗号技術が容易に破られるおそれがあり、量子コンピューターが実用化されても解読困難とされるPQCへの移行準備が始まっている。

 米国政府機関である国立標準技術研究所(NIST)では、2022年7月にPQCの標準技術の候補として、次世代の電子署名方式「クリスタル・ダイリチアム(CRYSTALS-Dilithium)」を採用した。凸版印刷とNICTも、この技術を採用。PQCに関する先端技術を有するカナダのISARA Corporationとも連携し、PQC CARDの開発に取り組んだ。

 PQC CARDの有用性の検証として、NICTが開発した保健医療用の長期セキュアデータ保管・交換システム「H-LINCOS」における医療従事者の認証、アクセス制御などの基本動作確認と技術的課題の抽出を、2022年8月~10月に実施した。

 医療従事者が持つ資格証明書であるHPKIカード(保健医療用公開鍵認証カード)に見立てたPQC CARDと顔による生体認証を組み合わせ、電子カルテを閲覧する際の多要素認証を実施。正しい権限を持った者のみが権限に応じた電子カルテ情報にアクセスでき、H-LINCOS全体の耐量子性の向上と、その有効性、および実導入に対する課題を確認することができたとしている。カードリーダー/ライター、通信プログラムなどは現行のものを利用でき、認証スピードなどのパフォーマンスも良好で、従来同様に利用可能だという。

 凸版印刷では今後、2025年に医療や金融などの用途における限定的な実用化、2030年に本格的な提供開始を目指すという。また、凸版印刷とNICTでは、高秘匿情報を将来にわたって安全に流通、保管、利活用できる量子セキュアクラウド技術の実用化に向けた取り組みを推進していくとしている。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1450072.html

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account