総務省は、BS右旋の空き帯域を4K放送へ割り当てるために必要な制度整備についての検討を行う際の参考とするため、衛星放送の未来像に関するワーキンググループ報告書を踏まえたBS右旋の空き帯域の4K放送への割当てに関する基本的考え方について、令和4年6月23日(木)から同年7月22日(金)までの間、広く意見を募集します。
1 経緯
 総務省「放送を巡る諸課題に関する検討会」(座長:多賀谷 一照 千葉大学名誉教授)の下に設置された「衛星放送の未来像に関するワーキンググループ(以下「WG」という)(主査:伊東 晋 東京理科大学名誉教授)」は、2018年12月の新4K・8K衛星放送の開始やインターネット動画配信サービスの伸展、周波数有効利用のための制度改正、さらには新型コロナウイルス感染症拡大の影響など、衛星放送を取り巻く状況は大きく変化していることを踏まえ、2020年4月から議論を行い、2021年10月29日に、同WGの報告書を公表しました。
 今般、WG報告書の提言を踏まえ、総務省においてBS右旋の空き帯域を4K放送へ割り当てるために必要な制度整備を行うに当たり、同報告書案に対する意見募集から既に1年以上の時間が経過したこと等から、2022年3月にBS右旋に新規3者が開局したことにより、現在行われているBS右旋の帯域再編が終了したタイミングを捉え、広く国民に意見を募集し、その意見を踏まえつつ検討を進めることが適当と考えられます。このため、BS右旋の空き帯域の4K放送への割当てに関する現時点の総務省の基本的考え方を別紙1のとおり整理し、広く意見を募集します。
2 意見募集の対象
 衛星放送の未来像に関するワーキンググループ報告書を踏まえたBS右旋の空き帯域の4K放送への割当てに関する基本的考え方(別紙1PDF)
3 意見募集の期間
 令和4年6月23日(木)から令和4年7月22日(金)まで(必着)
4 意見提出方法
 詳細については、募集要領(別紙2PDF)を御覧ください。
 なお、本意見募集については、総務省ホームページの「報道資料」欄及び電子政府の総合窓口[e-Gov]の「パブリックコメント」欄に掲載するとともに、以下の連絡先においても配布します。
 総務省ホームページ:http://www.soumu.go.jp
 電子政府の総合窓口:http://www.e-gov.go.jp
5 留意事項
 意見内容については、募集期間終了後、取りまとめて公表する予定です。なお、提出意見に対する個別の回答は致しかねますので御了承ください。
 また、意見の提出に当たっては、2020年4月から12月までの間、「放送を巡る諸課題に関する検討会 衛星放送の未来像に関するワーキンググループ」において議論を行い、今後の方向性について取りまとめた、「放送を巡る諸課題に関する検討会 衛星放送の未来像に関するワーキンググループ報告書」(2021年10月29日公表)を参照してください。
6 今後の予定
 提出された御意見を踏まえて検討を行い、基幹放送普及計画の改正案を作成し、同案についてパブリックコメントを募集した後、電波監理審議会に諮問することとしています。
<関係資料>
○放送を巡る諸課題に関する検討会 衛星放送の未来像に関するワーキンググループ報告書及び意見募集の結果
 (2021年10月29日)
 https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu11_02000126.html
連絡先
情報流通行政局 衛星・地域放送課
担当:永田課長補佐、鈴木第二業務係長、中島官
 電話:03-5253-5799(直通)
 Eメール:eisei-housou_atmark_soumu.go.jp
スパムメール防止のため「@」を「atmark」と表示しています。送信の際には、「atmark」を「@」に変更してください。
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu11_02000131.html

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account