2021年11月、東京海上グループのダイレクト系損保、イーデザイン損害保険はグループ内の“インシュアテック保険会社”として、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進役を担うことになった。そこでイーデザイン損保は同月、満を持して新商品を発表したが、その後半年間、なぜかその新商品に光が当たることはなかった。特集『選別される 生保・損保・代理店』(全28回)の#2では、この半年間、東京海上グループ内で何が起こっていたのかに迫った。(ダイヤモンド編集部 片田江康男)
DXを実践した象徴「&e」
発売即棚上げの背景とは
「イーデザイン損保は、東京海上グループ内の“インシュアテック保険会社”として再スタートする――」
 こう高らかに宣言したのが2021年11月。同月18日には、本格的DX(デジタルトランスフォーメーション)を実践したとうたう新商品「&e(アンディー)」の発売を発表した。
 イーデザイン損害保険は、東京海上グループ内のダイレクト系損害保険会社。東京海上日動火災保険などの損保会社は自動車ディーラーや損保代理店など代理店経由で保険を販売する一方、ダイレクト系損保はインターネットで手軽に契約できることが売り。代理店による手厚いサポートがない分、保険料は安い。
 ダイレクト系損保市場の最大手は、ソニー損害保険。大量のテレビコマーシャルを投下し、抜群の知名度を誇る。09年、イーデザインは最後発として、この市場に参入した。
 もっとも、ダイレクト系損保は成長を続けているものの、自動車保険全体の1割に満たず、各社とも苦しい状況が続いている。最後発のイーデザインも同様で、開業以来20年度まで赤字続き。東京海上グループ会社の序列の中では、明らかに最下位の事業会社だった。
 そんなイーデザインをインシュアテック保険会社に衣替えすると宣言。業界内では、損保業界の盟主である東京海上グループが、いよいよDXへ本格的に動きだすと話題になった。
新商品&eも、東京海上グループらしからぬネーミングとコンセプトで注目された。
 顧客は手のひらサイズのIoT(モノのインターネット)デバイスを車に設置し、スマートフォンと連動させる。それによって運転データが収集され、顧客は運転挙動のレポートや「ハート」というポイント制度を利用できる。また事故対応も、スマホを1タップするだけで保険会社に連絡できるなど、操作性の良さも追究されている。
 ところが、である。
 ダイレクト系損保のプロモーションの常とう手段であるテレビコマーシャルやインターネット広告など、プロモーション活動は一切行われなかったのだ。
 それどころか、イーデザインのホームページも、従来商品のプロモーションで長らく起用していた俳優の織田裕二氏が前面に出ていた。つまり、DXシフトを高らかに宣言し、&eを発売したにもかかわらず、実質的に棚上げ状態になっていたのだ。
 商品開発コストは約120億円。普通なら発売と同時にすぐに契約を獲得し、コストを回収したいところだろう。
 なぜ、イーデザインの&eは、棚上げになったのか。背景を探ると、東京海上グループがはまったジレンマが浮かび上がってきた。
https://diamond.jp/articles/-/303119

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account