スピンシェル株式会社が運営するオンライン接客ツール「LiveCall」は、株式会社タッグが提供するVRモール「MiraiLab」と連携を開始します。
サイトを訪問した人に専門スタッフがオンラインで接客するツールと、VR技術を活用した3Dバーチャル空間が連携することで、まるで実際の店舗に訪れたような買い物体験が可能になります。
「LiveCall」と「MiraiLab」
まず、今回連携を開始する2つのサービスについて説明しましょう。
「LiveCall」は、WEBサイトの訪問者に対して、スタッフがオンライン上で接客できるツール。ファッションや医療、金融機関や宿泊施設など、幅広い業界で活用されています
同サービスは通話や予約ができ、予約状況やユーザー情報などを管理できる機能も搭載。複数のリモート拠点にいるスタッフを一元管理する機能も搭載しているので、人員配置の効率化も図ることができます。
一方の「MiraiLab」は、VR、AR、AI、チャットボットなどの最新のテクノロジーを活用した「次世代店舗創り」と呼ばれるVRモールです。
物を売買するだけの「BUY」から、買い物のプロセスも楽しむ「SHOPPING」の場となる必要があると考え、店舗と顧客をつなげる空間体験を提供しています。
VR空間上でリアルな店舗体験が可能に
DX推進や新型コロナウイルスの影響により、オンラインショッピングが広がりを見せている昨今。
一方で、「商品を自分の目で確認する」「店員に相談する」「店内の雰囲気を味わう」など実店舗ならではの体験も求められていて、ECサイトでは、オンライン上で実店舗のような体験をどれだけ提供できるかが課題となっています。
そこでオンライン接客ツールのLiveCallは、VR技術で実店舗を再現するMiraiLabと連携し、VR空間でのリアルな店舗体験を実現しました。
VR空間では、来店時と同じように店内を自由に回遊可能。実際の店舗スタッフに質問や相談ができるので、納得したうえで購入することができます。
また、同サービスはブラウザ上で完結するので、専用アプリやVRゴーグルは不要。顧客のサービス利用のハードルが低くなるため、実店舗から遠い地域に住む人のサイト訪問が見込めるのが店舗側のメリットでしょう。
さらに、非接触型のリモート接客は、感染対策としても有効。ウィズコロナ時代の新しい生活様式にマッチしているといえそうです。
https://techable.jp/archives/173808

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account