九州旅客鉄道(JR九州)、JR九州システムソリューションズ、伊藤忠テクノソリューションズ、EDGEMATRIX、セーフィーの5社は2月17日、駅改札口で映像解析AIなどを用いた実証試験を実施すると発表した。
3月1日~8月31日、JR九州香椎線の奈多駅、香椎神宮駅、舞松原駅、土井駅の運賃箱付近にきっぷ投影用カメラとモニター、改札上部に録画カメラを設置し、改札機や運賃箱の利用状況を測定する。
改札口上部のカメラで撮影した映像をAIで解析し、利用者が機器を使用する際の姿勢を推計、導線を分析する。AIの測定結果をもとに、効果的な巡回や放送案内を実施し、サービス向上を図るという。
同試験は、AIや新しい技術の案内業務への活用など、利用者への利便性向上を勉強するものになるという。AIによる顔画像の抽出や顔認証など個人を特定する解析は行わない。正しく鉄道を利用できる環境を整え、安心して利用できる駅づくりを目指す。
https://japan.cnet.com/article/35183761/

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account