アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)は2月17日、公共分野において課題解決に取り組むスタートアップを支援する新プログラム「AWS Startup Ramp」を日本で開始すると発表した。
AWS Startup Rampは、技術支援・トレーニング、コミュニティ、コネクション・Go-To-Market支援のほか、AWS無料利用クレジットを提供することで、スタートアップの事業成長を支援し、公共分野のイノベーションを加速させることを目的としているという。対象は、行政、スマートシティ、シビックテック、ヘルスケア、サステナビリティ、宇宙などの公共分野において事業展開する、創業10年以内、年間売上高1,000万米ドル以下の日本に拠点をおくスタートアップで、支援する企業上限は設けていないとしている。
AWS Startup Rampは2021年7月にインド、9月に東南アジア・韓国で既に開始しているという。同社はAWS Startup Rampが日本で開始されることで、スタートアップや公共機関の熱意を持った人が、公共分野の課題解決に取り組めるようになることを期待している。
また、日本での提供開始にあたり、自治体・官公庁向けクラウドサービスを提供するGrafferが初期メンバーとして参加。同社CEOの石井大地氏は「AWS Startup Rampを通じ、より多くのスタートアップが公共領域に参画することで、より良い行政サービスを高いコストパフォーマンスで提供できるようになることを期待しています」とコメントしている。
https://enterprisezine.jp/news/detail/15588

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account