関西大学は、デジタル技術を活用した次世代高等教育のあり方を探るべく「KU-DXシンポジウム(関西大学DXシンポジウム)」を、3月15日に開催する。

 本シンポジウムでは、文部科学省「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」採択を受けてスピードアップした、同大学が展開するDX教育の取組み事例を取り上げ、次世代高等教育に向けて行うべきアクションが提示される。

 開催日時は3月15日の15時~17時。開催形態は、同大学独自のDX学習環境「Global Smart Classroom(GSC)」を活用した、オンライン併用のハイブリッド方式となる(視聴者はオンライン参加)。

主なプログラム
基調講演「教育DXによる次世代の高等教育の創出を目指して」(京都大学 高等教育研究開発推進センター長 飯吉透氏)
KU-DXの今年の取組み紹介(1.関大LMSによる学習成果の可視化、2.グローバルDX ほか)(関西大学学長補佐 岡田忠克氏、関西大学副学長・国際部長 藤田高夫氏)
パネルディスカッション「学びのDXがもたらすアウトカムを考える-大学キャンパスの価値の再創出-」(パネリスト:カコムス株式会社 DX事業統括本部 デジタルソリューション部 研究開発グループ グループ長 朝山悟氏、飯吉透氏、富士通Japan株式会社 ソリューション ビジネス本部 文教ソリューションビジネス統括部 統括部長 佐伯敦氏、前田裕氏、藤田高夫氏、関西大学国際部教授 池田佳子氏)
https://edtechzine.jp/article/detail/7204

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account