ヒューレット・パッカード エンタープライズ(以下、HPE)は12月20日、NTT西日本グループのNTTビジネスソリューションズが「地域創生クラウド」のDX推進基盤として、HPE GreenLake edge-to-cloudプラットフォーム(以下、HPE GreenLakeプラットフォーム)を採用したと発表した。NTT西日本グループの地域創生クラウドは、地域の課題を解決し、自治体や教育機関、地域企業のDXを加速するためのプラットフォーム。NTTグループの様々な技術やNTT西日本のデータセンターなどの設備、パートナー企業のクラウド技術を組み合わせた地域情報統合基盤をベースにしているという。同グループでは、HPE GreenLakeプラットフォームとMicrosoft Azureパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドアプローチを導入。自社のデータセンターからMicrosoft Azureと同様のサービスを提供できるようになったとしている。同社は今後、地域創生クラウドを西日本エリアへの展開を進めていくという。https://enterprisezine.jp/news/detail/15381

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account