インプレスとデータセンター・イノベーション・フォーラム プログラム委員会は、ポストコロナ社会の実現に向けて進化を続ける、データセンターの今後の方向性を展望するイベント「データセンター・イノベーション・フォーラム2021」を、オンラインで12月8日・9日に開催する。

データセンター・イノベーション・フォーラムは、データセンター/クラウド基盤サービス事業者に加えて、ゼネコン、サブコン、設計会社、不動産会社や自社でDCを保有するユーザー企業など、データセンター事業に関わる各事業者を参加対象としたイベント。通算で30回目となる今回は昨年から規模を拡大し、2日間の開催となる。

今回のテーマは、「DXの礎となるデータセンター、国際的競争力を高め高価値を提供するための戦略的な設計、実装、運用方法とは」。データセンターは、Society 5.0やポストコロナ社会を実現する「オンラインファースト」の実現や、SDGsの最重要課題の一つである地球温暖化対策においても、重要な役割を果たすことが期待されている。こうしたポストコロナ社会の実現に向けて、進化を続けるデータセンターの2021年のスナップショットを把握し、今後の方向性を展望する機会となることを目指したフォーラムとなっている。

初日となる8日のオープニング基調講演は、経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 高度情報通信技術産業戦略室 室長の中野浩二氏が、「データセンターの最適な配置に向けて~『半導体・デジタル産業戦略』の目指す方向性~」と題して、我が国がアジアの中核データセンター拠点となることを目指す上での、政策の方向性について紹介する。また、デジタルエッジ・ジャパン合同会社 プレジデント(兼)日本代表の古田敬氏が、「データセンター・プラットフォームとネットワークの進化ーその実情、国内外の視点の違いについて」と題して、データセンターが発達を続けている背景と、日本におけるデジタルインフラストラクチャー事業のあるべき姿について講演する。

8日の午後のセッションは、サーバーやネットワーク機器などの話題を中心とした「ICTインフライノベーションセッション」と、電源やサーバーラックなどの話題を中心とした「ファシリティインフライノベーションセッション」の2トラックのセッションを行う。

2日目となる9日のオープニング基調講演は、デジタル庁 戦略・組織グループ セキュリティ・危機管理チーム 参事官の松田洋平氏が、「デジタル庁のサイバーセキュリティ政策について(仮)」と題する講演を実施。また、株式会社アイティアイ代表取締役の大和敏彦氏が、「再生エネルギー対応を求められるデータセンター」と題して、データセンターにおける電力事情と再生エネルギー対応から、データセンターの要件と競争力について考察する講演を行う。

9日の午後のセッションは、物理・サイバーの両面でデータセンターのセキュリティ対策の話題を中心とした「セキュリティイノベーションセッション」、運用効率化・自動化の話題を中心とした「運用効率化イノベーションセッション」の2トラックのセッションを行う。

また、8日と9日のそれぞれ最後のセッションでは、「国内データセンター事業者 パネルディスカッション」として、データセンターの顧客動向や、今後に向けてのデータセンター業界の方向性などについて議論する、国内データセンター事業者同士による討論会を行う。

イベントは参加無料で事前登録抽選制となり、すでに参加登録ページがオープンしている。ぜひとも多くのデータセンター関係者に、参加を検討していただきたい。

https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/1366609.html

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account