デジタル庁改革では、霞が関のみならず、47都道府県や約1700の市区町村を巻き込んでデジタル化を推進する。そこで、ダイヤモンド編集部では47都道府県に緊急アンケートを実施。「IT人材・IT予算」の多寡で、どの都道府県がデジタル勝者となるのかを炙り出した。また、国が掲げる「システムの標準・共有化」構想は、地方の自治体に思わぬ負担をかけることになりそうだ。特集『ITゼネコンの巣窟 デジタル庁』(全7回)の最終回では、都道府県アンケート結果の詳細と、自治体のシステム標準化を巡る課題に迫る。(ダイヤモンド編集部 山本 輝)
東京都のデジタル人材1000人構想自治体で加速するDX競争4月1日、東京都は新たに都庁のデジタル化の先導役となる「デジタルサービス局」を発足させた。クラウドサービスの利用によるペーパーレスなどの推進や、全ての行政手続の原則デジタル化などの先導役であり、都が行政のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて一気にアクセルを踏んだ格好だ。都庁のデジタル化を主導するのは、元ヤフー社長の宮坂学副知事。「現在デジタルサービス局の人材は200人弱に過ぎず、シンガポールなど海外の主要都市に大きな後れを取っている。このデジタル人材を1000人にするのが、宮坂さんの”野望”だ」(東京都庁幹部)と言い、東京都はさらなるデジタル化推進に意欲を見せている。デジタル庁発足に足並みをそろえるように、地方自治体でもデジタル化の動きが加速している。東京都のみならず、新たなデジタル関連部署を立ち上げる自治体の事例はここ最近、枚挙にいとまがない。国よりもむしろ国民に身近な自治体でこそ、行政のデジタル化を求めるニーズが高まっている。もっとも、一口に自治体といっても、その取り組みにギャップがあるのが実態だ。都道府県知事をはじめとする自治体幹部の方針によっても、力の入れ具合に差が出るものだ。そこで、ダイヤモンド編集部では、デジタル施策に関する人員や予算、取り組みの内容などについて47都道府県を対象に緊急アンケートを実施。その結果、43都道府県から回答を得た。以下では、各都道府県の「デジタル人員」「デジタル予算の実額」を一挙公開する。その結果、都道府県のデジタル進捗度には“驚愕の格差”があることが明らかになった。https://diamond.jp/articles/-/279623

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account