特許庁は、知財コミュニティーポータルサイト「IP BASE」にて、知財メンタリングに携わりたいと考えるビジネス専門家や知財専門家に向けた冊子「IPASを通して見えた知財メンタリングの基礎」を公開した。特許庁の知財アクセラレーションプログラム「IPAS」は、スタートアップを対象に、知財やビジネスなどの複数分野の専門家を含む知財メンタリングチームを一定期間派遣し、適切な知財戦略による事業の加速をスタートアップと一緒に目指すというもの。2018年から開始して3年間、IPASでは40社の知財戦略構築を支援し、研究開発型スタートアップの知財戦略構築について、様々な知見を蓄積するとともに、「知財活用に対して十分に対応できるビジネス・知財専門家が不足している」という課題も見えてきたという。そこで、特許庁は、知財メンタリングにおけるビジネス・知財専門家の人材育成やすそ野拡大を目的として本冊子を刊行。本冊子では、実際のIPASのメンタリングを基に、メンタリングチームがどのようにスタートアップの知財戦略構築を支援していくのかを、登場人物を交えてストーリー風に紹介。メンタリングの各段階において抑えるべき代表的なポイントを解説しており、メンタリングを疑似体験しながら、知財メンタリングの基礎を学べる。本冊子は、特許庁のIPAS特設サイトにてPDFが公開されており、無料で閲覧できる。

https://ascii.jp/elem/000/004/053/4053831/

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account