株式会社マネーフォワードは22日、金融機関向けサービスとしてAmazon Web Service(AWS)上に構築された「マネーフォワードFintechプラットフォーム」の提供を開始することを発表。その第1弾として、横浜銀行は、同行の無料会員制ポータルサイト「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」において、マネーフォワードFintechプラットフォームを2021年8月16日に導入することを明らかにした。マネーフォワードFintechプラットフォームは、個人/法人顧客向けのアプリやサービスおよび、Fintech企業をはじめとするパートナー企業が提供するサービスと連携可能な共通基盤だ。本プラットフォームはAWS上に構築されており、AWSが提供する分析サービスやストレージなどさまざまなサービスを活用することで、効率的なAPIの管理や運用ができるのはもちろん、パートナーサービスとのセキュアなデータ連携も可能にしている。マネーフォワード 執行役員 マネーフォワードエックスカンパニー COO 神田潤一氏は、「現在の金融行政方針では、金融DXを取り入れた先進的でより良いサービスの開発・提供が求められている。こうした新たな金融サービスは利用者に大きな利便性をもたらすとともに、金融機関にとっても新たな収益機会が発生し、さらに利便性の高いサービスや収益機会が発生する好循環が生まれる。マネーフォワードFintechプラットフォームは、こうした金融行政の方針や金融機関のニーズに合致している」と述べた。さらに「マネーフォワードFintechプラットフォームは、『顧客向けWebサービス・アプリ』の提供から『データ収集』『データ分析』までをワンストップで導入できる」と述べた神田氏は、その具体的な価値として「UXの高いオンラインチャネルの顧客向けサービスの導入」、「アカウントアグリゲーション技術により、600以上の金融関連サービスと連携して情報を収集」、「AIを活用したデータ分析で、顧客のライフイベントや企業の変化を検知」、「パートナーのサービスと組み合わせ、さまざまな用途で活用」などを挙げている。

https://biz.moneyforward.com/

0 Comments

Leave a reply

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account