Facebook(フェイスブック)のハードウェア戦略は、外から見るとかなり不透明に見えることが多い。パンデミックによる需要に助けられ、同社のOculus(オキュラス)の売れ行きは極めて好調だ。Echo Show(エコーショー)の競合製品であるPortalも、人々が社会的距離を確保せざるを得なくなったことで売上が伸びている。その一方で、携帯電話やゲームのコントローラーのように、ポケットに入れられる別のデバイスは、ユーザーと環境の間に摩擦が生じます。可能性を追求していくうちに、入力デバイスを手首に配置することが明確な答えとなりました。手首は伝統的に時計を装着する場所であり、日常生活や社会的な状況に無理なく溶け込むことができます。1日中身につけていても違和感のない場所です。手首は、世界と対話するための主要な道具である手のすぐ近くにあります。この近さにより、手の持つ豊かなコントロール能力をARに導入することができ、直感的でパワフルかつ満足度の高いインタラクションが可能になります。提示された情報から判断して、これはどちらかというと概念的な段階に見える。つまり、将来のARシステムにおいて、よりシームレスなコントロールを提供するための鍵となるかもしれないということである。それでも、これは人間とコンピューターをより深く統合するソリューションへの第一歩として提示されている。Facebookとあなたのニューロンをどれだけ深く統合したいかは、どうやらそう遠くない将来、我々が自分自身に問いかけなければならない問題のようだ。

フェイスブックが脳からの神経信号を読み取るAR操作用ニューラルリストバンドのコンセプトを公開 | TechCrunch Japan

0 Comments

Leave a reply

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account