米国のトップYouTuberであるデビッド・ドブリックが考案したこのアプリは、使い捨てカメラの世界観を再現し、撮影した写真がすぐには確認できず、「現像」というプロセスを経て、翌朝9時に届く仕組みが一番の特徴だ。

さらに、フォロー・フォロワー関係の既存SNSとは違い、「リール(フィルム)」を通じて、テーマごとに写真を通じたコミュニティを作れる新しさも人気の秘訣。

2019年に「David’s Disposable」としてローンチ後、今年2月に「Dispo」としてβ版を投入すると、既存のSNSに飽きてきた米国のZ世代を中心に一気にバズリ、日本でもすでにコアなファンを生み出している。

しかも昨秋に400万ドル(約4.5億円)を調達したかと思うと、今年2月には2000万ドル(22億円)の調達が報じられた。

なぜ、真っ先に日本進出なのか。そして、このアプリが狙うSNSの未来は?

NewsPicksはDispoのCEOであるダニエル・リス氏に独占インタビューを敢行し、そのすべてを語ってもらった。

https://www.sungrove.co.jp/dispo/

0 Comments

Leave a reply

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account