佐川急便は9日、同社初となるスタートアップアクセラレータ「HIKYAKU LABO」の第1期を終了し、参加したスタートアップ5チームを交えたデモデイを開催した。HIKYAKU LABO は、同社の中期経営計画(2019年度〜2021年度)の「Second Stage 2021」の中でも取り上げられたスタートアップとのアライアンスを目指す取り組みとして、同社が昨年スタートさせたものだ。HIKYAKU LABO の第1期は、2019年9月から2021年3月までの半年間にわたり実施された。第1期は、2019年9月から2021年3月までの半年間にわたり実施。スタートアップからは100社程度の応募があり、「新しい物流サービスの創出」「社会インフラとしての物流機能の安定供給」「新たな生活スタイルを物流の力でもっと安心・便利に」の3つをテーマに5社が選出。また特徴的なのは、佐川急便社員の中から、スタートアップと伴走する専任担当者を募ったことだ。セールスドライバ、現場の係長、運行管理の担当者など50名の応募から、スタートアップ1社に対して佐川急便社員1名ずつがアサインされた。

佐川急便、初となるアクセラレータプログラム「HIKYAKU LABO」デモデイを開催——スタートアップ5社との協業内容を披露 | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報 (thebridge.jp)

0 Comments

Leave a reply

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account