+

世界に誇るスーパーコンピュータ「富岳」にも利用される、50Gバイトのブルーレイのデータが1秒で転送可能、日本国内900以上の大学・研究機関のオンライン授業を支える学術ネットワークSINETの民間利用を促す情報として国立情報学研究所(NII)の副所長、漆谷重雄(うるしだに・しげお)氏がITmediaに取り上げられ、解説されていたので一読願いたい!国民の賜、税金の未来有効利用を願って。[小嶋秀治コジーの今週気になるDXニュースVOL20210609-01]

+

Armの日本法人アームは、オンラインで会見を開き、日本が誇るコンピュータ富岳の共同開発からのフィードバックに基づく、同年3月に発表した最新アーキテクチャ「Armv9」をベースとする次世代コンシューマー機器向けプロダクトIP群を発表した。:MONOist

+

パナソニックと行政システム、AI画像センシング技術を用いた混雑可視化の実証実験を長野市の投票所で実施:ビズジン[小嶋秀治コジーの今週気になるDXニュースVOL20210520-02]

+

「富岳」が世界1と言う名の下に大金を投じさせられ、外国企業のARM Ltd.の「Armv9」の機械学習やデジタル信号処理(DSP)に対する性能大幅向上に利用されていた事が判明か?準国産は無理なのかな![小嶋秀治コジーの今週気になるDXニュースVOL20210331-02]

+

スーパーコンピュータ「富岳」が本日2021年3月9日に完成する見込みだ。理研とRISTは、富岳を広く学術や産業分野向けに共用を開始する。[小嶋秀治コジーの今週気になるDXニュースVOL20210309-01]

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account