大手からスタートアップまでさまざまな企業の参入が相次ぐ「CO2見える化ツール」市場。しかし、二酸化炭素(CO2)排出量を把握できたとしても、そこからさらに効果的に削減していく具体策の立案・実行で行き詰まる企業も少なくない。

福岡を拠点に展開するスタートアップ、アークエルテクノロジーズは10月20日、CO2排出量を算定・可視化する「CO2見える化」に加え、カーボンニュートラル(脱炭素化)への最適手法の自動提案までをサポートする新サービス「カーボンニュートラルシミュレーター」を開発したと発表した。

アークエルテクノロジーズのツールは、CO2見える化だけでなく、具体的な排出量削減施策についても、設定予算内で最も効果的な施策の組み合わせを抽出するほか、最適化アルゴリズムを用いたシミュレーションが行える。見える化から具体的施策まで網羅したツールは国内初だという。

中小企業向けのサービスも提供
アークエルテクノロジーズによると、現在大企業向けのカスタム版や中小企業向けの業種別汎用版など、複数のラインナップを準備しているという。

カーボンニュートラルシミュレーターは、2022年12月から支店やグループ会社の多い大手企業をメインターゲットにしたカスタム版の提供をスタート。このカスタム版を汎用化したSaaS版についても、2023年4月以降に提供開始する。なお、シミュレーターとセットで使う大企業向けの「CO2見える化ツール」のカスタム版も、2022年12月から提供を開始する予定だ。

加えて、2023年4月以降には簡易版の計測・見える化機能とシミュレーターを組み合わせた中小企業向けの業種別SaaSの提供も順次開始するという。

続きは以下~
https://www.businessinsider.jp/post-260944

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account