目次
ソニーグループを支える屋台骨
 ソニーグループの屋台骨を支える現在の柱の1つは、「半導体事業」だ。

主力の「イメージセンサー」をどう使うか
 基本的なところから入ろう。
 ソニーが製造している半導体は、おもに「イメージセンサー」とよばれるものだ。
 要するに、カメラなどで映像をデータとして扱うための部品をつくっているわけだ。

「必要な情報」とはなにか
 「AITRIOS」は具体的にどう使われるのか。

AIが必要な情報だけを抽出
 その理由は、映像はそのまま扱うのが容易ではないからだ。

発想の転換
 その方法論を応用すれば、さらに別のことも可能になる。

ボトルの中身を透視!?
 さらに、センサー自体を別のかたちで使う、という考え方もある。

実際の映像は?
 先のモノクロ画像に写っているものを、実際に肉眼で見た画像がこちらだ。

ソニーの技術的特徴
 じつは、先に示したモノクロ画像は「SWIR(短波長赤外)イメージセンサー」
 という技術を使って撮影された映像だ。

肉眼では見えづらいキズを発見!
 よく似たパターンの応用例をもう一つ紹介しておこう。

どんな場面にも対応可能
 「偏光イメージセンサー」を使っているのだ。
続きは以下~
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/96327

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account