株式会社リコーは21日、ものづくりの現場におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の一環として、リコーインダストリー東北事業所にSA(Stand Alone)型ローカル5Gを敷設し、5Gの高速大容量、多数同時接続、低遅延を活用した製造工程を効率化する技術を開発したと発表した。

 これらの技術をデジタルカラー複合機の量産組み立て工程に実装し、検証を開始。今後、さらなる技術開発および検証を進め、実用ならびに他拠点への展開、外部へのサービス提供を目指すとしている。

 リコーでは、グループの製造拠点であるリコーインダストリー東北事業所(宮城県柴田郡)を、デジタルマニュファクチュアリング(DM)を開発・実践する国内工場として、DM全般のユースケースの社内実践を積極的に推進している。2021年3月から、同事業所にSA型ローカル5G環境を構築し、検証と関連する技術開発を進めている。

 同事業所に敷設したローカル5Gは、SIM管理をする5G Coreがクラウドにあり、工場内に設置された基地局CU/DUの2つのアンテナRUから、80m×20mのデジタルフルカラー複合機の組立生産ラインに、Sub6帯(4.9GHz)の5G電波を放射する。

リコーは、国内外の生産拠点において、生産現場自体の見える化や、IoTを活用した人・設備を含む、デジタルツインの実現に取り組んでいる。5Gは、こうした未来を実現するための有効な技術と考えており、モデル工場である東北事業所において、ローカル5Gの3つの特徴である、高速大容量、多数同時接続、低遅延を生かした3つの技術を開発し、複合機の量産工程において実装・検証を進めている。

 5Gの高速大容量を生かした活用事例としては、生産現場の天井に360°カメラ「RICOH THETA」をつり下げ、リコー独自のストリーミング技術と組み合わせることで、4K360°の高解像度ライブ映像をリアルタイムで取得可能なシステムを構築した。

 つり下げた360°カメラのユニットは、レールによる移動機構を備える。遠隔地の視聴者は、手元のデバイスで自由に視点を操作し、拡大縮小して視聴できるため、その場にいるかのように見渡しながら移動し、生産ライン全体の状況をリアルタイムに把握できる。
5Gの多数同時接続を生かした事例としては、Raspberry Piに各種センサー・カメラなどをつなげた機器を生産工程に大量に配備して、生産データをリアルタイムに収集し、生産現場のデジタルツインを進めている。近年、こうしたデジタルマニュファクチュアリングを推進する中で、生産工程内に無線デバイスが増え続け、RFIDやBluetooth、Wi-Fiなど、無線周波数のチャネルの重複による通信不良が問題となっているという。周波数帯の整理に加え、5Gも活用することで、今後もデバイスを増やしながらも安定した通信環境の確立が期待できるとしている。

5Gの低遅延を生かした事例としては、マイクロソフトのHoloLens2とDynamics 365 Remote Assistを用いて、他拠点と東北事業所間で現場映像を共有した技術支援に取り組む。厚木事業所の作業支援者と、東北の現場の実際の作業者をつなぎ、リアルタイムに現物を見ながら、映像に重ね合わせた矢印による指示や低遅延のコミュニケーションを行うことで、そばに支援者がいるようにわかりやすく的確な作業を実現する。

リコーでは今後、今回構築したそれぞれの技術の検証をさらに進め、他拠点への展開を検討すると説明。さらに、5Gを活用したその他の事例についても順次、企画および実証を進めるとしている。自社グループの生産工程の改善につなげると同時に、オープンイノベーションを推進し、社外パートナーとの製造ソリューションの共創にも積極的に取り組みながら、早期の実用化および外販を目指すとしている。
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1418884.html

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account