小田急、モノづくり展にAR導入
百貨店でデジタル技術を活用した新たな試みが広がっている。小田急百貨店が拡張現実(AR)技術を用いた次世代型の展示会を開催。大丸松坂屋百貨店は販売を主目的としないショールーム型の「売らない店」での人工知能(AI)を活用した顔認証によるデータ分析に着手した。他社との協業により先進技術を取り入れ、顧客接点の創出、顧客動向に基づく店づくりに注力している。
小田急百貨店が新宿店(東京都新宿区)で20日まで開催している伝統工芸品のモノづくり展。同社初の取り組みとしてAR技術を取り入れた。
特設会場に九州各県の郷土玩具を展示。一見すると壁際に玩具が置かれただけの空間は、ARグラスを装着すると一変する。グラス越しの視野にはアニメーション化された玩具がAR空間内で動きだし、ナレーションを通じてその玩具の歴史や特徴などを伝える。
従来、催事場で行う物産展などは販売が主目的で「出展製品の魅力や背景にあるストーリーを十分に伝え切れていない課題があった」(経営企画部の石川真統括マネジャー)。ARの活用で商品の持つストーリーを訴求することで、展示物に対する魅力を引き出し、関心を持つ層のすそ野を広げるのが狙いだ。
今回のAR導入では、NTTデータNJK(東京都中央区)、CinemaLeap(同品川区)、小田急電鉄が協力。今後も協業を通じて、感性に訴える新たな顧客体験の創出を目指す考えだ。

大丸松坂屋、AI顔認証でデータ分析
大丸松坂屋百貨店は2021年10月、大丸東京店(東京都千代田区)内に「明日見世(あすみせ)」を開設。出店製品の変更と同時に、NTTドコモと共同でAI顔認証の実証実験を今月始めた。約100平方メートルの売り場に20台のカメラを設置し、来店者の属性推定に加え、接客時の表情を分析する。
「明日見世」では、出店者に情報をフィードバックする。出店者はその情報をマーケティングや商品開発に役立てる。今回の実証を通じて、より精度の高い情報を提供できるようになる。さらに利点として、DX推進部デジタル事業開発担当の広沢健太氏は「何回来られたか、リピーターを分析できるのが大きい」と強調する。
リピーター分析を含む検証を踏まえ、「顧客の囲い込み、固定客化」(広沢氏)につながる施策を展開する構えだ。
コロナ禍による苦境で事業モデルの変革を迫られる百貨店。既存の取り組みにデジタル技術を注入し、活性化を図る試みが今後も広がっていくだろう。
https://newswitch.jp/p/30447

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account