デジタル庁は、公的な給付金などの受取口座を登録する「公金受取口座登録制度」について、登録申請の受付を開始した。まずは、マイナンバーカード方式のe-Tax(電子申告)で所得税の確定申告をする際の登録申請を受け付ける。
確定申告を行わない利用者による登録申請の受付は、2022年春以降となる予定。
「公金受取口座登録制度」は、公的な給付金などを受け取るための預貯金口座を、マイナンバーとあわせて国(デジタル庁)に事前登録しておく制度。給付金を申請する際に口座情報の記入などが不要となり、手続きが簡略化される。今回は確定申告を行う利用者が対象だが、そうでない利用者に関しても、2022年春以降にマイナポータルで公金受取口座を登録できるようになる。詳細は決まり次第追って案内される。
また、金融機関の窓口などでの登録に関しても、令和5年度(2023年度)下期以降に登録できるよう準備を進めているという。
なお、公金受取口座の登録は、1月1日にスタートした「マイナポイント第2弾」の付与対象。公金受取口座を登録することで、7500円分のマイナポイントが付与される。ポイント付与の詳細は追って案内される。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1379171.html

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account