金融業界の新たなDX(デジタルトランスフォーメーション)の潮流になると注目される「エンベデッド・ファイナンス」について、フィンテック系スタートアップのFinatextホールディングスでCFO(最高財務責任者)を務める伊藤祐一郎氏が解説する。

INDEX
1.2020年代の主流になる
2.中小規模でも金融サービス
3.3種類のプレーヤー
4.決済系の事例:Stripe、Marqeta
5.「組み込み型保険」も登場
6.決済アプリでビットコイン取引
7.金融機関は「土管」になるのか

1.2020年代の主流になる
エンベデッド・ファイナンスは、「2020年代の10年」という視点で見ると、金融業界の主流になると予想しています。
その理由を説明するために、まず歴史から振り返っていきます。

プレミアム会員限定の記事です。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。
ですが、これは必見の価値ありコジーのおすすめです!
https://newspicks.com/news/6499551/body/

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account