パナソニックは、食材と家電を組み合わせて提供するサブスクリプションサービス「foodable(フーダブル)」に新しく5つのコースを追加してサービス内容を拡充。12月17日より提供を開始する。月額料金はいずれも3,980円。foodableは、2021年6月から同社が食のSNS「EATPICK」で提供しているもの。月額3,980円で最新のキッチン家電とこだわりの食材を定期的に届ける。ごはんソムエリエが選んだ銘柄米と、銘柄米炊き分け機能を持つ炊飯器を提供する「全国ご当地米食べくらべ体験」、職人がこだわった冷凍パンとオーブントースターのビストロを組み合わせた「本格ベイクアップ体験」の4つのコースを提供中。EATPICKの会員数は2021年11月末時点で30万人、延べ500万人が利用している。新しく追加するコースは、おうちで「初めてのパン職人体験」、おうちで「グランピング燻製体験」、おうちで「ミクソロジーBar体験」、おうちで「世界のカフェめぐり体験」、おうちで「平日夜もゆったりごはん体験」の5種類。キッチン家電と食材だけでなく、オリジナルレシピやテーブルウェアもセットで届けられる。さらに、利用期間に応じて料金が安くなる「長期割引サービス」も提供。より長く楽しめるサービスに進化させるという。
また、2022年春放送のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」でヒロインの比嘉暢子を演じる女優の黒島結菜さんが、foodableの公式アンバサダーに就任。料理好きで食への関心が高いという黒島さんが発表会のゲストとして登場し、foodableで提供する家電を使ったノンアルコールカクテル作りを披露した。https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1375250.html

©2022 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account