コジーのレビュー:「AIの民主化」データから洞察を導き出す前提で共通の全社データーベース内の各格納データ項目が正しくインデックスされ、尚かつ、検察TOP画面から全ての各格納データ項目に到達する、目に見えるデーターベースインデックスを保有していないのが実情では?、情報システムに依頼してレポートを出して貰う習慣が情報システムに残っている会社ほどAI活用、DX推進出来ていない共通な点です。組織の力の観点では、AIを活用出来ていない会社とDX推進出来ていない会社の共通な点は、在籍中堅幹部層で理系を一切学んで来ていない人員を多く抱える点をコジーは一番に上げたい。これは、昨日も触れたが大学での文系理系分離とリーダーシップ教育の欠如がそのまま企業に引き継がれ組織の力に影響を及ぼしている事を再確認させて頂きました。皆様もハーバード・ビジネス・レビュー、その他海外の翻訳文献を読む前提に欧米大学卒業者はデジタルを使いこなせ、数々のリーダーシップコースによりリーダー資質を身に付けている事を前提に読まれますと、理解が深まると考えます。小嶋秀治注)ハーバード・ビジネス・レビューVol4Summer2021の読者モニタープログラムで正式にレビュアー認定され無償で提供されたレポートを参考にコジーのレビューを展開解説いたします。
学習済みのAIを組み込んだクラウドサービスやアプリが増えるなど、かつてはひと握りの企業だけの武器であったAIの“民主化”が進んでいる。AIによって精度の高い予測データを手に入れられるようになったことで、それをいかに分析し、鋭い洞察を得るかが企業競争力を決定付ける要因となりつつある。その力を得るヒントについて、NTTデータに聞いた。AIとBIを使い分けて洞察の精度を上げるAIなどを使った企業のデータ活用はここ数年、急速に進んできた。「コロナ禍が始まった2020年上期には、企業によるデータ活用のための投資がやや停滞しましたが、下期に入ってから一気に盛り返し、むしろ以前より活発化しています。市場環境やニーズの急変によってビジネスの不確実性が増し、より迅速で、精度の高い将来予測が求められるようになったからだと考えられます」と語るのは、NTTデータData & Intelligence事業部長の谷中一勝氏だ。売れ筋の急変に対応し、製品をタイムリーに供給するため、とくにマーケティングやサプライチェーンマネジメントなどの業務でデータ活用を強化する動きが見られるという。一方で、これまであまり活用が進んでいなかった業務領域におけるデータ活用の動きも顕著になっている。「紙のノートや表計算ソフトに研究内容を記録してきたR&D(研究・開発)部門や、リモートワークによってデジタル化された就労履歴を取りやすくなった人事部門などが、データ活用を本格化するケースも増えています」。同社ソリューションコンサルティング統括部長の新田龍氏はそう語る。最近では学習済みのAIが組み込まれたクラウドサービスやアプリが増えるなど、データ活用のための環境も整ってきた。こうしたAIの“民主化”が、活用を促進している側面もあろう。だが、企業によっては、AIを導入しようとしたものの、結局PoC(概念実証)止まりとなり、業務での実運用に結び付かないこともある。新田氏は、「何のためにAIを導入し、データ活用によってどんな成果を得たいのかという目的やゴールがあらかじめ定まっていないと、失敗しやすいといえます」と指摘する。続きは以下https://www.dhbr.net/articles/-/7835

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account