米セキュリティ企業Contrast Securityは世の中で使われているアプリケーションが内部で使用しているオープンソースのライブラリについて調査した報告書「2021 State of Open-source Security Report」を公開しました。これはJavaや.NET、Nodeで書かれたアプリケーションを分析したもので、多くのアプリケーションが数多くのオープンソースのライブラリを含んでいる実態を示すとともに、そのようなライブラリに脆弱性が存在したり、「悪意のあるコード」が仕込まれたりした場合のリスク、すなわち「アプリケーションのサプライチェーンのリスク」を訴える内容となっています。その一方で、実際には機能として使われていないライブラリが多く、アプリケーションに対する簡易な脆弱性診断では「偽陽性」となるケースも少なくないことも示しています。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/security/1321965.html

©2021 CYBER.NE.JPfrom STAD

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account